--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/06/08(木)
『After Jizo Cafe XIII in LA』
Jizo Cafe XIII 主催者のmassayoさんの日記から伐採させて頂きました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  6月4日。地蔵カフェXIII in L.Aが終わった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カーメルの有香ちゃんからの紹介で2月にサンフランシスコ禅センターに住む坊さん、無っちゃんに会い、なだれ込むように予定を決め、無っちゃんの「カリフォルニア精進料理教室、地蔵カフェ」をウチで開催させていただくことになった。
今回、日本ツアーの帰りでお疲れの所、ご苦労様。感謝!

無っちゃんと朝7時起きでファーマーズマーケットへ。
女の子をバーで指名する時のように真剣な目で野菜を選ぶ作務衣姿の坊さん。
「ここのはカワイイね。元気そうだし。笑ってる」

Muchu picking vegetables

そ、そうなのか。笑うのか。

ウチに16人集まり所狭しと刻みもの隊、すりこぎ隊、おろし隊、チギリ隊、洗い隊と手際良く分かれ、次々と出来上がって行く様子に歓声があがる。
胡麻豆腐なんて自分たちで作れると思ってなかったからビックリ。 しかも重いので手、痛いし。か弱いおっさんレディ達から「いや~ん、手痛い~~ん」の声があがる。
こんな事もあろうかと、アクション俳優の卵でキックボクサーのヤマト君を誘っておいてよかった。

preping

「この野菜のヘタの部分、捨てますか」
「捨てない。とっといて」
それらを使ってドレッシングが出来上がる。捨てるところなどどこにもない。

スープ 、ズッキーニのパスタ、トマトのサラダ、グリーンサラダ
胡麻豆腐、精進野菜炒め、ベジ寿司



一口食べるごとに歓声があがる。
おなかいっぱい。幸せいっぱい。
なかでも胡麻豆腐は完璧以上のネリとコクの出来映えで、一口食べた途端に涙が溢れたがカッコ悪いので無口になって下をむいておいた。
自分たちがその時間に参加したモノというのは、ことさら美味しい。皆の思いとエネルギーをいただいているのだと思った。

最後にお茶と、ササっと漬けてくれた茄子のおしんこで器を洗ってその汁を飲み干す。

table set

もったいないとか、ありがたいとか、別に強要しなくてもいい、なんでもいい。食に対する考え方やパースペクティブを少し変えるきっかけになれば、と無っちゃん。

普段はスピード勝負してしている「食」。
買う事から、作る行程、食べる、楽しむ、時間、所作、すべてがアート。そしてそれは暖かくて暖かくて、後になって思い出すと涙が止まらなかった。

food

昨今、写真を撮る事を仕事にしていながら、今回はホストと言う事で舞い上がってしまい、写真を撮り忘れが多すぎで、出来てきた写真は全部ピンぼけ。恥ずかしいったらありゃしない。すまん、いい写真がないのよ、無っちゃん。

***

皆さんご家庭やお仕事、お約束があるので夕方人がほぼ消えたが、残っていたサトミンちゃんと坊さんとトム(主人)も交えて、夜はナッツをつまみに飲み会&無ちゃんによるチャネリング大会となった。
チャネ食をしてもらい、その後オヤジ度を指摘された。

green beans

そして、自分の心の奥の、内なるインナー・オヤジをヒーリングすべく、バニーセラピー、戴冠の儀とあいなった。
後は羽だけだ。しかもピンクの羽。白なら持っていると言ったが無っちゃんはピンクにこだわっていた。

インナー・オヤジはかぶりものによって癒され、かぶったまんま久しぶりにチャンチキに飲んだ。

「実は、地蔵カフェの醍醐味ってココなんだよね~」
はっ!そうだったのかっ!ううむ皆さん、残念だったじゃん。残ればよかったのにぃ~。
ま、仕方なかろう、それもご縁ご縁。

ちょっぴり二日酔いの私。参加者から続々とお礼のメールが入る。
「あんな美味しいものをいただいた後で、帰路について夕飯はついついビールと焼き肉を食べてしまいました」という爆笑メールもあった。
やっぱり皆もセラピーが必要だったようで。

こんな楽しい週末。
つくづく幸せモンだと感じる。
無っちゃん、そして来てくれた皆さん、ありがとう!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
訪問者数無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。